24時間全熱交換型換気システム

冷暖房時に換気をすると、室内を暖めた(冷やした)エネルギーを捨てる事になります。 ですから、換気で汚れた空気だけを排気し、エネルギーは交換(捨てずに回収)するのが、無駄のない効率の良い換気といえます。次世代省エネルギー基準の断熱性能の家で、熱交換をしない第3種換気システムだと、換気による冷暖房エネルギー損失の総冷暖房のエネルギーに対する比率は16%にもなります。
換気による冷暖房エネルギーのロスを、全熱交換器型換気システムでは、総冷暖房エネルギーの6%程度に抑える事ができます。

24時間全熱交換型換気システム

【静かで省エネ】

■ 床下設置 ■

  • ・花粉を99.8%除去する高性能フィルターを採用。
  • ・室内空気汚染濃度が高い床面から排気することで汚染物質を効率よく除去します。
  • ・排気ファン本体を床下に設置するので、ファンからの風切音が気になりません。

■省エネルギー換気 ■

  • ・全熱交換器で換気による冷暖房消費エネルギの最小化。
  • ・冬暖く夏涼しい床下地中熱を利用する事で省エネルギー換気を実現。

■イージーメンテナンス ■

  • ・外気の取り入れを床下から行うので、壁面から給気するタイプよりも雨水の壁内浸透の心配が無く、外の音も気になりません。
  • ・給気のフィルタを外部に設置するで維持管理が容易です。

◆ 冬暖かく、夏涼しい省エネルギー快適換気 ◆

夏の涼しい床下を利用

夏の涼しい床下を利用

  • ・冷房時は冷えた排気ダクトで床下を冷やし、かつ熱交換器で排気を冷やして床下に給気。
  • ・熱交換器で外給気の湿気を回収して屋外に排気。除湿された外給気が床下に給気。
  • ・地熱と排気熱で冷やされたベタ基礎コンクリートの効果で床下温度は安定し、健康で快適な室内環境。
冬の暖かい床下

冬の暖かい床下

  • ・暖房時は、温かい排気ダクトで床下を暖め、かつ熱交換器で排気熱を回収して床下に給気。
  • ・熱交換器で排気から湿気を回収し、これで給気を加湿する。冬の過乾燥防止に有効。
  • ・地中熱と排気熱で暖められるベタ基礎コンクリートの効果で、床下温度は安定し、健康で快適な室内環境です。


【24時間全熱交換型換気システム 空気の流れ】

※画像クリックで拡大します。

24時間全熱交換型換気システム空気の流れ

022-227-0931

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-10-12
FAX:022-227-0932

メールでのお問い合わせはこちら
  • リッチモンドホーム
  • アンティークインプレッションハウス錦ヶ丘オープンハウス
  • リッチモンドホームスタッフ日記
  • follow me!!